テレビ電話面接は離れた相手と顔を見つつ会話をする方法

テレビ電話とは、電話にビデオカメラとモニターを組み合わせ、距離に関係なくお互いの顔を見ながら話す事が出来るシステムです。

テレビ電話は昔からある機能ですが、インターネットの普及の伴い、テレビ電話の使用も一般的になってきました。

回線の速度も向上してきていますので、動画も自然な感じになってきています。

遠距離の場合、面接会場に行くまでに時間がかかる場合などテレビ電話は面接などでも使われています。

スカイプのシステムなどを使用したテレビ電話が一般的で、回線とPCさえあれば、面接可能です。

例えば、本社からの面接を行う際など、距離による不都合などテレビ電話があれば解決出来ます。

テレビ電話の面接では、現在一般的なシステムになっているスカイプなどが多く使われます。

スカイプでは無料で音声通話、動画による会話が可能です。

また会社に行き、そこでPCを使用しテレビ電話による面接となるケースもあるようです。

テレビ電話とはいえ、面接であるのは変わりません。

しかもテレビ電話では対面の面接と比較して評価が低くなりやすいといったデータもあります。

はっきりとした発声で元気よく面接に挑みましょう。

こういったテレビ電話による面接は交通費などのコスト削減の他に、時間もより有効に使えることになります。

ある会社ではアルバイトの面接にも採用されているそうです。

今後遠距離の会社など、幅広い範囲への人材の募集や交通費などのコスト削減効果もあります。

今後テレビ電話による面接は増えてきそうですね。

■関連リンク》http://www.chasse-pro.com/